ジョブチェンジでさらに輝く!

看護師が転職で失敗しないためのポイント

医療機関で働く看護師の仕事は他業種と比べると比較的収入は高く、安定した職業ですが、実際に仕事をしている方にとっては、様々な不満や不安があるようです。そのため、「転職をしたい」と考えている看護師は少なくありません。しかし、いざ転職活動をはじめると「本当にこの転職先で後悔しないだろうか?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか?誰だって転職に失敗したくはないです。そこで今回は、看護師が転職に失敗しないための方法について考えてみることにします。

まず転職活動の中では、転職を希望する医療機関のリサーチが重要になります。なぜなら、入念な情報収集をしないまま転職をしてしまうと、実際に仕事がスタートしてから「話と違う」「これなら前の病院の方が良かった」と後悔してしまうことになりかねないからです。そうならないためには、事前にしっかりと条件や働く環境を確認しておくことが必要なのです。

転職活動中に「この点はどうなのだろう?」と疑問に思ったり、不安に思う点が出てきた場合は、それらを曖昧にせず、しっかりと確認しておくようにしましょう。収入面や休日に関することは、なかなか聞きにくいことではありますが、しっかり確認しておかなければ、転職後に後悔してしまうことになります。また、それぞれの転職理由が叶う職場かどうかも冷静に判断することが必要です。収入やスキルアップが叶えられる職場なのか、看護師の仕事を天職だと思えるような環境なのか、これらを冷静に判断しなければいけません。

「本当にここに転職しても良いだろうか?」と迷っているときには、第三者に相談することもおすすめです。自分で冷静に判断出来ない場合には、客観的な意見を聞くことも大切なのではないでしょうか?身近に相談できる人がいない場合は、転職エーショントの利用や参考情報を発信しているWebサービスなどを利用してみると良いでしょう。そうすれば、看護師として更にやりがいを感じられる職場に移ることができるかもしれません。